So-net無料ブログ作成

コーチングのプロが指摘! あなたのチームが機能しない理由 [日記・雑記]

チームがうまく機能していないとリーダーが感じるとき、当然のことながらその原因を探さなければなりません

ほとんどの場合、環境やタスクそれ自体を変えることはできないので、チームがうまくいかない原因は、人にしか求められなくなってしまいます


リーダーの頭の中に、

「メンバーの誰が原因を作っているのだろうか?」

という思考回路が出来上がってしまいます


どうすればチームはうまく機能するようになるでしょうか
どうすればチームのモチベーションが上がるのでしょうか
何を変えれば、好転するのでしょうか


1. リーダーであるあなた自身が変わる
チームをうまく機能させるためにリーダーであるあなたがすべきこと。結論から言えば、それはあなたが変わることです。あなたの見方を変えることが何よりも求められます


2. どうして私はほめられないのだろう?
あなたがリーダーになる前のことを思い出してください
あるいは、リーダーとして思うように評価されないあなた自身を、ちょっと客観的にみつめてみてください

「こんなにがんばっているのに、こんなに結果を出したのに、それなのにどうして私はほめられないのだろう」

あなたの心からは、そんな独り言が聞こえてきそうです


3. メンバーの心が折れるとき
では、もしあなたがチームのリーダーではなく、メンバーの一員だったとしましょう

そのとき、あなたの心の中に「こんなにがんばっているのに、こんなに結果を出したのに、それなのにどうして私はほめられないのだろう」という思いがあったとしたら、どうでしょうか? 

「よし! 明日こそはほめられるためにがんばるぞ」と思えますか?

はじめのうちは、それでがんばれるでしょう

しかし、自分の努力が誰の目にもとまらない、全体を支えるためにがんばっているのに、誰からもねぎらってもらえないとなれば、いずれ心が折れてしまうことでしょう

今のあなただって、だからこそこうして悩んでいるわけですよね


4. 存在が認められると人は自発的に行動する
あなたは些細なことであっても、声に出して、態度に出してメンバーをほめなければいけません。チームのモチベーションを管理しなければならないのです

人が自発的に行動するのは、自分の存在が認められているときか、認められるはずだという確信があるときです。

まったく認められていない、もしくはどんなにがんばっても認められる可能性すらないとなれば、自発的な行動は生まれません

だからリーダーは、メンバーひとりひとりに細心の注意を払わなければならないのです。そしてそれは、メンバーに伝わらなければなりません

あなたがちゃんと見ていること、メンバーの存在を認めていること、頼りにしていること、そうしたことをメンバーたちがわかっていなければならないのです。


チームがうまく機能していないときは、メンバーの誰かに原因があるのではないかと犯人捜しをすることよりも、リーダーである自分のものの見方にこそ原因があるのではないかと考えてみてください。

あなたが求めているのは、チームが結果を出すことです。そのためには、あなた自身が変わらなければいけません。チームがうまく機能するかしないかは、すべてリーダーにかかっているのです。

共通テーマ:仕事

こうもりの糞 肥料 [日記・雑記]



普通の肥料よりいい物を使うならこれ

今日TVでいってました


でもちょっと値段が高いです。。

共通テーマ:趣味・カルチャー